“銭糧”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せんりょう40.0%
せんろう20.0%
ぜにかて20.0%
センリヤウ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
銭糧の収入係には、穆春と朱富がえらばれ、呂方郭盛のふたりは、聚議庁番。——宋江の弟宋清酒庫の監理をかねた宴会支配人にせられていた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「江陵の城は、荊州第一の要害、銭糧えも多い土地です。ちと遠くではありますが……」
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
全軍は府へ入って、城中の官倉を開放し、民生を励まし、窮民をいたわり、余るところの銭糧はこれを車馬に積んで水滸へ持って帰った。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
凡隊中所費銭糧 其自営ノ功ニ取ル亦互ニ相分配シ 私スル所アル勿レ 若 或ハ学料欠乏ストキハ隊長建議シ 出碕官ノ給弁
海援隊約規 (新字旧仮名) / 坂本竜馬(著)