清貧の書せいひんのしょ
私はもう長い間、一人で住みたいと云う事を願って暮した。古里も、古里の家族達の事も忘れ果てて今なお私の戸籍の上は、真白いままで遠い肉親の記憶の中から薄れかけようとしている。 ただひとり母だけは、跌ずき勝ちな私に度々手紙をくれて叱って云う事は、 …
作品に特徴的な語句
ちご うま しも かん あおぐろ あせ かな いそ やわらか たが びき じょう 銅貨ドンペ 沈黙だま たち あて 黒塗くろぬ くだ けむり あるじ 馬穴バケツ 今日きょう なん しん 徒爾いたずら つゆ あま 雷鳴らいめい 甘美うま とな たたみ くさり 習癖しゅうへき 義父とう つる 白気しらけ 鉢巻はちま よご 味気あじけ えが みな こおろぎ 固練かたねり こす ふさが けん かか つま むち ぱい 早咲はやざ むすめ ばこ 小遣こづか だれ せり べに くら わか まぶた ひざ 腹這はらば こし うで くちびる あし もろ 肩肌かたはだ かた 肋骨ろっこつ 聯隊れんたい 美味うま ののし 繻子しゅす 繃帯ほうたい 網棚あみだな 結婚けっこん 紹介しょうかい 紳士しんし ねこ