“糶”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
67.6%
せり20.6%
8.8%
オークション2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人だかりのまん中に立った商人。彼は呉服ものをひろげた中に立ち、一本の帯をふりながら、熱心に人だかりに呼びかけている。
浅草公園:或シナリオ (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
私は、長崎の石畳の多い旧波止場で、義父が支那人の繻子売りなんかと、店を並べて肩肌抜いで唐津の売りしているのを思い出した。
清貧の書 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
谷からに生えつて居る萱原は、一様に上へ/\とり昇るやうに、葉裏を返してき上げられた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
何もかもあきらめて、進んで自分を『』に出したのにちがいない。
キャラコさん:01 社交室 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)