“糶屋”の読み方と例文
読み方割合
せりや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「何でも、古道具の糶屋さんださうで、五日にはきつと越して來るからと、手金まで置いて行きました」
「何でも、古道具の糶屋さんだそうで、五日にはきっと越して来るからと、手金まで置いて行きました」