“糶出”の読み方と例文
読み方割合
せりだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここに照る月、輝く日は、げた金銀の雲に乗った、土御門家一流易道、と真赤に目立った看板の路地から糶出した、そればかり。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
もうおっては隠すことは出来ない。は内から膨れて漸々前の方へ糶出して来るから仕様がない。何うも変だ、様子がしいと注意をいたして居ました。
あの、大博覧会の出品ね——県庁から、この錺職へお声がかりがある位ですもの。美術家の何とか閣が檜舞台糶出さないはないことよ。