陽炎座かげろうざ
「ここだ、この音なんだよ。」 帽子も靴も艶々と光る、三十ばかりの、しかるべき会社か銀行で当時若手の利けものといった風采。一ツ、容子は似つかわしく外国語で行こう、ヤングゼントルマンというのが、その同伴の …
作品に特徴的な語句
美濃みの 海月くらげ 反身そりみ 夜寒よさむ 布子ぬのこ 櫛巻くしまき とぎ 揉手もみて 撞木しゅもく あさひ 身悶みもだ 般若はんにゃ なまず 戦争いくさ 花片はなびら 藍色あいいろ 回向院えこういん 冥土めいど 馬士まご 致方いたしかた まつげ 目深まぶか 緋鯉ひごい 紅蓮ぐれん 引緊ひきしま 張子はりこ 田圃道たんぼみち 丑満うしみつ 空蝉うつせみ どじょう 一本ひともと 透通すきとお 台辞せりふ 円髷まるまげ 丁子ちょうじ 女形おんながた ふう 苦患くげん 妙齢としごろ 冥途めいど 平打ひらうち 苦痛くるしみ 他家よそ 木賃宿きちんやど 串戯じょうだん 可哀相かわいそう 爪立つまだ 渋団扇しぶうちわ いなびかり 生際はえぎわ 表向おもてむき 屑屋くずや 握拳にぎりこぶし 天降あまくだ 枝垂しだ 真青まっさお 真先まっさき 内端うちわ 半白ごましお 駈出かけだ 嬌態しな 狂気きちがい 処々ところどころ 黒縮緬くろちりめん 持余もてあま 日南ひなた いな 合歓ねむ 友染ゆうぜん 小家こいえ 亡者もうじゃ 仮髪かつら 踏張ふんば りん 指揮さしず 立停たちどま 青柳あおやぎ しの しり 縦横たてよこ 一団ひとかたまり 御道理ごもっとも 草摺くさずり 電光いなびかり 驚破すわ 欠片かけら 祭礼まつり 行交ゆきか 内証ないしょ 裲襠かけ 仮声こわいろ 俄雨にわかあめ 少々わかわか 白脛しらはぎ 鏖殺みなごろし 水車みずぐるま