陽炎座かげろうざ
「ここだ、この音なんだよ。」 帽子も靴も艶々と光る、三十ばかりの、しかるべき会社か銀行で当時若手の利けものといった風采。一ツ、容子は似つかわしく外国語で行こう、ヤングゼントルマンというのが、その同伴の、——すらりとして派手に鮮麗な中に、扱帯 …
作品に特徴的な語句
なぞら ちび こしら ひとも しみた 真向まんむ かたが めけ 汝等わいら 空洞うつほ なび 遊女じょろう でか なあに 向合むきあわ 提燈ぢょうちん うち 退しさ 女房かみ すずし じれ だち かたり 晃々ぎらぎら きまり 応答あしら 徳利どっくり 駈出かりだ きつ みつ わっし いで 退すさ ゆんづる 帽子あたま うららか はじ わなな そり もうで あかり ともし さが 不可いけね 徜徉さまよう 帰途かえるさ いたま おいら とおり ふっく 葬式ともらい いせき きり 憂慮きづかわ きもの 衣類きるい やぶれ とこ 音信おとず 轟々ごろごろ 泡沫あぶく かぶり まっ ぞい 風采ふう 空腹ひだる 斜違すじかい 裲襠かけ かかと なまめか から 彼方むこう 寄附よッつ あど 親仁おとっ いさみ ちゅう 退さが おおき 恐怖こわ 爺様じさま きれ 突刺つっささ 耳朶みみたぼ 前方さき さかり めえ あやつり ぬか 背負おぶ 亥刻いのこく