“糶呉服”の読み方と例文
読み方割合
せりごふく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なし今は男女五六人の暮しに成し處近所の者の世話にて女房を家内まじく繁昌致しけり扨又肥前の小猿は本町二丁目にて家をめ名を肥前屋小兵衞と改め糶呉服
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
糶呉服りたのさへさない……にもらず、して、なしでは、初松魚……とまでもかないでも、夕河岸小鰺たない、とかうさへへば「あいよ。」とふ。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)