火の用心の事ひのようじんのこと
紅葉先生在世のころ、名古屋に金色夜叉夫人といふ、若い奇麗な夫人があつた。申すまでもなく、最大なる愛讀者で、宮さん、貫一でなければ夜も明けない。 ——鬘ならではと見ゆるまでに結做したる圓髷の漆の如きに、珊瑚の六分玉の後插を點じたれば、更に白襟 …
作品に特徴的な語句
かうば ながし かへ ちう かをり うつか うは ゆひ あひ 引包ひつくる 家中いへぢう 上被うはつぱ 寂寞しん ちう たと 象徴しやうちよう にほひ 一切ひとき もん いきほ 言立いひた うへ 矢張やつぱ 九日こゝぬか ちひさ 醤油したぢ おぼえ まへ きり この ことさ 狼狽らうばい 牛肉ぎう やはら 退しりぞ 人氣ひとつけ 澤山だくさん おほ いち 可笑をかし すゞ 茅屋ばうをく さま うけたまは 苦笑くせう のぞ あぢ さい にほひ れう ことば はう たひら いり 月夜づきよ あづか しゆ とほ たゞ しや やつ いへ 突込つツこ しやちほこ ちひ をんな あひ 一年あるとし つひや 祖母そぼ そつ 背負しよ こゝろ あきら 光景くわうけい しやち はひ 旅宿りよしゆく あへ をし せつ 角力すまふ ゆび よび かゝは つゝ ごし 化粧けしやう おち