“糶声”の読み方と例文
読み方割合
せりごえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれど幸か不幸か、単に買ったというだけでは、市の通用語をなさないので、かれの絶叫は一顧もされず、面箱は他の糶声にドンドンを争われている。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
思わず糶声を立てて、おじさんは、手を揚げながら、片手で外套の膝を叩いた。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
糶声がとぶ。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)