古狢ふるむじな
「しゃッ、しゃッ、しゃあっ!……」 寄席のいらっしゃいのように聞こえるが、これは、いざいざ、いでや、というほどの勢いの掛声と思えば可い。 「しゃあっ!八貫—ウん、八貫、八貫、八貫と十ウ、九貫か、九貫と十ウだ、……十貫!」 目の下およそ八寸ば …
作品に特徴的な語句
おもた かか 帽子ソフト めかた 女中なかい 旅館はたご ほっそ ばけ おど くちばし 真向まむこう さが ばばあ あかり ただれ おそ なよや しま 了解わかり 人懐ひとなつっこ 抽出ぬきんで ひや しきり はき むろ さま 夫人おく 披露ひろ ことば おおき ぬきん なら さかさ 蒼穹おおぞら 蒼白まっさお 入交いれまじ あかる むき っか 経立ふッた ほっそ とも 端折はしょり かわおそ 尖端とっさき 山爺やまじじい 寄掛よりかか 引掴ひきつか うしろ おもい ばば なまめ そよ 戸前かどさき 抱込かかえこ 撃鉄うちがね つち かたま 旅行たび あらた 朝飯あさ わか 参詣おまいり うっす 優容やさがた 入口はいりぐち 立籠たてこ おぶ ぜん おち 筒袖つつッぽ くう ひきがえる 一枚ひとつ 薬鑵ゆわかし のぶ 風俗ふう えり 恍惚うっとり 電燈でんき 怨恨うらみ たけなわ はるか 懐紙ふところがみ あわただ つら 野茨のばら 金子かね ぞっ