“山女”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やまめ78.6%
あけび7.1%
やまおんな7.1%
やもめ7.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“山女”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 神道 > 神祇・神道史50.0%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
曇天の夕焼が消えかかつた時、私たちは囲爐裡の火を囲んで、竹串にあぶつた山女やまめを肴に、鍋で炊いた飯を貪り食つた。
槍ヶ岳紀行 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
皮粕は他の淵の倍も入れられた。二三尾の岩魚いわなず浮いて来た。そのあとから山女やまめが一つ浮いて来た。
岩魚の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
同時に、蛇のように、再び舌がうねって舐め廻すと、ぐしゃぐしゃと顔一面、山女あけびつぶして真赤まっかになった。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それからずっと後の天明てんめい年間に書かれた橘南渓なんけいの「西遊記」にも、九州の深山には山童やまわろというものが棲んでいるの、山女やまおんなというものを射殺したという記事が見えるから、その昔の文禄年代には、ここらにどんな物が棲んでいなかったとも限らない。
馬妖記 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
と是から女房が支度をするのに、前川まえがわれた山女やもめ岩魚いわなという魚に、其の頃会津辺から𢌞る味淋みりんのような真赤まっかな酒で、
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)