“山女郎”の読み方と例文
読み方割合
やまじょろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お前ならば山女郎の方がかろうと云おうとしたが、っていると長くなる。市郎は黙って首肯いて、早々に立去った。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
山𤢖のわろは和郎という意味であろう。で、いのを山男といい、小さいのを山𤢖と云うらしいが、くは判らぬ。まだ其他山姥といい、山女郎と云う者もある。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)