“山女衒”の読み方と例文
読み方割合
やまぜげん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
姉のお定は三五郎という山女衒——やはり判人で、主に地方の貸座敷へ娼妓を売込む周旋をするのだとか申します。
蜘蛛の夢 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
つけろ。それから如才もあるめえが、亀吉とでも相談して、新宿あたりの山女衒をあさってみろ。このごろ宿場の玉を売り込みに行った奴があるかも知れねえ
半七捕物帳:60 青山の仇討 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
その晩すぐ近所の山女衒を呼んで来て、潮来へ年一杯四十両ということに話がきまりました。
半七捕物帳:02 石灯籠 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)