“女山”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぞやま50.0%
おんなやま50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
説明を聞きつつこれを見るに、穴はすなわち女山式の水抜き穴で、これを連絡している筈の列石の明らかに点綴さるるところ、疑いもない神籠石だ。
周防石城山神籠石探検記 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
山門はもうまし耶馬台、いにしへの卑弥乎が国、水清く、野の広らを、稲に酒をして、菜はに油しぼりて、ふや潟の貢と、の貝・ま珠・照る。見さくるやが眉に、霞引く女山・清水。
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
そうなると、男山、金峯山、女山、甲武信が岳などの山々が残りなくあらわれて、遠くその間を流れるのが千曲川の源なのです。
力餅 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
男山金峯山女山甲武信岳、などの山々も残りなく顕れました。遠くその間を流れるのが千曲川の源、かすかに見えるのが川上の村落です。千曲川は朝日をうけて白く光りました——
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)