夢殿ゆめどの
昭和九年八月中旬、台湾巡歴の帰途、神戸に迎へたる妻子と共に紀州白良温泉に遊ぶ。滞在数日。 白良の浜に遊びて 白良のましららの浜、まことしろきかも。驚くと、我が見ると、まことしろきかも。踏みさくみ、手ぐさとり、あなあはれ、まことしろきかも。子 …
作品に特徴的な語句
とと さちは ぢぢ すさ 祖父おほちち よそひ つま 女子めのこ 退 彼方そなた 帽子マオツ 退しぞ おや しだ かぐ 挨拶メツセージ をば さね あき あひ をみな いき はや いへ をぢ いつ あり 南瓜かむぼちや おき 男女みな ゆた さや をさ はふ 汝等なれら いま きだ しづく 草原さうげん ゑま 清々さやさや むれ たを かほ 仰臥あふぶ かたへ たたな ぎやう とと つつみ きほ 火気ほのけ ごも もは たを 墓所はかど たひ 黄葉もみ ふた はふ もろ 斜面なだり 女童めろ かづ たう うづ がは うつ うし あら ざう 悒鬱さぶ いきほ やは おと おそれ まへ 言立ことだて
題名が同じ作品
夢殿 (新字新仮名)楠山正雄 (著)