“草原”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くさはら80.7%
くさばら6.0%
そうげん2.4%
くさっぱら2.4%
かやはら1.2%
パンパス1.2%
くさつぱ1.2%
さうげん1.2%
ステップ1.2%
ステッペ1.2%
プレーリー1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
露に濡れた草原を踏みわけて、お寺の方へ来ました。そうして鐘撞き堂まで来ると、空高く月の光りに輝いている鐘を見上げました。
ルルとミミ (新字新仮名) / 夢野久作とだけん(著)
舞鶴城の天守ので、の刻……只今の正午のお太鼓がド——ンと聞えますと、すぐに鍬を放り出して、近くの草原の木蔭か軒下に行って弁当を使う。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
なるほど、トロッコのるレールから、そうれていないが、工事場からはかなりたった草原に、破片が、小山のごとくねてありました。
白い雲 (新字新仮名) / 小川未明(著)
と云ううちに、一段下りた草原へ据えたんでございますがね、——わけも知らずに手伝った、お道さんの心持を、あとで思うと涙が出ます。
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
なお一説には「陸奥の真野の草原」までは「遠く」に続く序詞で、こうしてあなたに遠く離れておりましても、あなたが眼前に浮んでまいります。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
取り込むなんて、俺にゃどうしても出来ん。カムポスはつねに草原の風のごとあれ、心に重荷なければ放浪も楽し——と、俺は常日ごろじぶんにいい聴かしてるんだ
人外魔境:05 水棲人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
二人は、粗末な貸家なぞがぽつ/\立ちかけてゐたりするやうな、草原なぞの多い、れたところを近廻りして、小ぎれいな家の並んだ上品な通りへ出た。
桑の実 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
眼を放つ草原の枯れもなし牛跳躍す落つる日の前
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
その間私は、いつ海が見えるか、見えるかと思いながら、草原に、それは広大な幻を描いておりました。
紅毛傾城 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
ゴルキイの小説によく出てくる露西亞草原聯想させるやうな、荒涼とした原の中に工場と、工場附屬の住宅と、貧しげな商家農家の百軒あまりがまばらに立ち並び
処女作の思い出 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
それはジャムにつぶされ、そこの自然愛好者の味覚を満足させる運命にあるのである。同様に肉屋は草原の草から野牛の舌を掻き取り、折られてむ植物をかえり見ない。