白い雲しろいくも
みんなは、なにかすてきに、おもしろいことがないかと、思っているのです。敏ちゃんも、もとより、その一人でありました。往来で、義ちゃんや、武ちゃんや、かつ子さんたちが、集まって、なにか見て笑っています。 「なんだろう?」と、敏ちゃんは、走ってゆ …
作品に特徴的な語句
なお よっ こす うえ ゆう おく 周囲しゅうい どう いそ 故郷こきょう とし 草原そうげん つう 河水かすい 河底かわぞこ 電流でんりゅう ほん こう ゆる 石塊せきかい ぶん あぶ どう むす くみ いえ こま あたら ほう にち 工夫こうふ ひだり えが そと ごえ ねん つか あやま 突然とつぜん した から かさ きん つよ 鉄槌てっつい 破片はへん ひら あいだ 西山にしやま なか かれ 往来おうらい はい 光沢こうたく ひか かす にん さき しず かたむ さむらい おと ひび あたま たよ あお はなし 自由じゆう 自分じぶん 脱線だっせん みどり かんが うつく 自身じしん ばち なら 線路せんろ せん みみ
題名が同じ作品
白い雲 (新字新仮名)竹内浩三 (著)