“銅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あかがね46.2%
あか26.4%
あかゞね13.2%
どう11.3%
かね2.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は時母の前へ此三ツの貨幣を置いて其廻りをトン/\踊りつたのを覚えて、「金の機会に、銀の機会に、の機会だ」
黄金機会 (新字旧仮名) / 若松賤子(著)
金蔵の南の方に用水井戸がありますが、井桁が栗材で、これは石に縁がなく、雨樋は水に縁があっても、ですからに縁を生じます。
彼は人種学の教科書の教へるとほりに黒髪で、いろの額が広く、面長であつたが、その乱れた髪につけてゐる香油はパリ生粋のものだつた。
亜剌比亜人エルアフイ (新字旧仮名) / 犬養健(著)
硫黄を燃せばちょっとのくるっとするようないろの焔をあげる。それからくときは孔雀石のような明るい青い火をつくる。
そのいもんたちは、三日三晩、たたらというきなふいごをんで、をとかすをおこしたもんだそうだ。
ごんごろ鐘 (新字新仮名) / 新美南吉(著)