“銅鈴”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
どうれい75.0%
すず25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“銅鈴”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と、突如、銅鈴どうれいを振り、鉄笛をふかせ、鼓盤こばんを打ち叩いて、出陣を触れると、寨中の蛮将はみな血ぶるいして、
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まっ暗な階段を降りると、何か顔に触る物がある。布縒ぬのよりの細綱らしい。引いてみると、りりりん……と頭の上で銅鈴どうれいがいいで鳴った。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼は竹籠の中へもどって銅鈴すずを鳴らした。スルスルスルスル。えいや、えいや。上へあがるやいな彼はあたりへ向って黒裸こくらの両手をちゅうへ振ッて報告した。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「妙案妙案。出来でかしたぞ李逵。——だが百尺の地底からでは声も合図もとどくまい。その辺へ銅鈴すずを二ツ三ツくくり付けてゆけ。銅鈴が鳴ったら上から綱を引き上げてやる」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)