“すず”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:スズ
語句割合
26.6%
23.0%
18.1%
16.7%
4.3%
3.2%
珠洲1.8%
1.4%
1.4%
0.7%
冷涼0.7%
寿々0.4%
銅鈴0.4%
納涼0.4%
0.4%
鐸鈴0.4%
風鐸0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こう口のうちできながら、初めて瞑目をみひらいた法月弦之丞、そのやかなには、何か強い記憶のものがよみがえっていた。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しそうなアカシヤの下には石に腰掛けて本を開ける生徒もある。濃い桜の葉の蔭には土俵が出来て、そこで無邪気な相撲の声が起る。
岩石の間 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
(7)ルグランが antennœ(触角)と言いかけたのを、ジュピターは tin()のことと思い違いをしたのであろう。
黄金虫 (新字新仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
天皇はそのためにわざわざお宮の戸のところへ大きなをおかけになり、置目をおめしになるときは、その鈴をお鳴らしになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
に砕けた飴の鳥の鶯には、どこかの手飼の、の首玉した小猫が、ちろちろとを鳴らしてんで転戯れる……
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
菅子はもうそこに、袖を軽く坐っていたが、露の汗の悩ましげに、朱鷺色縮緬の上〆の端をめた、は昼顔の盛りのようで、い部屋に白々地な、ばかりがしい蔭。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
能登国珠洲ヶ岬へはなされたまいし時、いま一度陸にうけて、ともかくもなさせ給えとて、北のに、のかがみを取添えて、八大竜王に参らせらると、つたえ聞く
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
掻きわけて涼しきものはや月の夜ごろの山いもの花
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
雨よ、この燃える思をやかに、亂れた胸をらかに、このさし伸べたの手をしいやうにひやせかし。おゝ、ぽつりぽつりやつて來た。……あゝ、さつとひと……おや、もう月の出か。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
みすず刈る 信濃の
短歌集 日まはり (旧字旧仮名) / 三好達治(著)
近くに𬵩釣の火が見え出し、沖に烏賊釣りの船の冷涼しくめき出した。
蝙蝠 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
湯女のお寿々は、持て余したように、上り口へ打っ伏したままでいる若い浪人の体から手を離して、呆れ顔に、ただ眺めてしまった。
山浦清麿 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『いいから、そう云ってお出でなさい。別所のお寿々が来ましたといえば、何を打ッちゃっても、飛んで出て来なけれやあならない義理合いがあるんだから』
山浦清麿 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼は竹籠の中へもどって銅鈴を鳴らした。スルスルスルスル。えいや、えいや。上へあがるやいな彼はあたりへ向って黒裸の両手をへ振ッて報告した。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「妙案妙案。出来したぞ李逵。——だが百尺の地底からでは声も合図もとどくまい。その辺へ銅鈴を二ツ三ツり付けてゆけ。銅鈴が鳴ったら上から綱を引き上げてやる」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「もう大抵判っているんだから、きょうはこのくらいにしておこう。おめえもにここでいつまでも納涼んでもいられめえ。家へ帰って熨斗餅を切る手伝いでもしてやれ」
半七捕物帳:17 三河万歳 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
固くなって聞いていた、二人とも身動きして、お若は愛くるしい頬を支えて白い肱に襦袢の袖口をめながら、少し仰向いて、考えるらしくのような目を細め
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
呉用はやがて、片手の鐸鈴を振り鳴らしつつ、売卜先生がよくやる触れ口上を歌いながら、街をりんりんと流して行った。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
風鐸四方に起りて春あさし隆恩殿に向ひて歩む
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)