“すう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:スウ
語句割合
68.8%
21.5%
1.1%
1.1%
寿々1.1%
1.1%
1.1%
1.1%
1.1%
1.1%
1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「え、五円と云うところでしたね。しかしに於ては成功なんです。怪談祭の気味にはなったが、まず結構としておく事ですね」
友人一家の死 (新字新仮名) / 松崎天民(著)
ツの類型土器各地からるのである。それからへても、大仕掛土器製造したとへる。
彼と、との会見も、心地よくすみ、さっそく大牢襲撃の密議に入り、鄒淵はいちど山へ帰って行った。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と石勇とは旧知の仲。くどいことはここでは略す。——ただ石勇が一同へ話したことばは重大だった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
柏井ちやんがお嫁に来てくれれば、の仕合は言ふまでもない、雅之もどんなにか嬉からう。子を捨てるは有つても、懲役に遣る親は無いぞ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
阿母さんも来月はさんが来てくれると言つて、朝晩にそればかりにしてすつた……のだし
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「なに、僕も一度は捜しに行こうと思っていたからね。寿々さんがそれで癒ってくれれば、僕の思いが通るというもんです。」
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
僕は寿々さんのためにそいつを捜しに出かけたんだがね、なるほど確かにそれに違いないと思う薬草はあるにはあるんだが、容易なことじゃ採れっこないですよ。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
けだし釈迦は波羅門を破り、路得は天主教を新にす。わが邦の沙門もまたよくを興せり。これによりてこれを見れば、信あにすべからざらんや。
教門論疑問 (新字新仮名) / 柏原孝章(著)
同人集に従へば、冬嶺、名は山松であつた。崧庵は其通称、後に為春院の号を賜はつた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
で、彼の父のは他家から養子にきた者だし、いずれにしても余り良い家柄ではなかったらしい。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すれば、下立ちてを流し、出づるを待ちて浴衣を着せ、鏡をるまで、お静は等閑ならず手一つに扱ひて、数ならぬ女業効無くも、身にはん程は貫一が為にと
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「あのの田舎者のせがれが、礼に通じているなどとは、いったいだれがいい出したことなのだ。大廟に入つて事ごとに質問しているではないか。」
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)