友人一家の死ゆうじんいっかのし
○ K君————。 物価暴騰の声に、脅やかされているばかりが能ではない。時には遊びの気分に浸って、現実の生活苦を忘れようではないか。——僕達はこうした主旨から、大正八年七月川開きの夜を、向島の百花園で、怪談会に興じた。 泉鏡花氏、喜多村緑郎 …
作品に特徴的な語句
うち 同情なさけ のん 何処どちら あらか しん 永久とわ たっ 申込もうしこん かす あまり もっ とど あて つもり 背後あと のが 口惜くちお 出入しゅつにゅう いと たなごころ つい わずか ほろ すく 不可いけな すう いもと かいな よこた ようや 歌客かかく 煙草たばこ 黄昏たそがれ ごと 正午ひる そう 矢張やは 種々いろいろ 空洞うつろ 立代たちかわ 端書はがき 筆生ひっせい かか 美作みまさか 芸妓げいしゃ 茶荘さそう にな しいた かく にぎ 麓路ふもとじ 壮健たっしゃ 喜多きた 呼吸いき 呻吟しんぎん 吏才りさい およ 典山てんざん 入代いりかわ 大切だいじ 兄侍けいじ そば にわか 何時いつ 何処どこ 今日こんにち また 怜悧れいり 杳然ようぜん おお 慟哭どうこく 愕然がくぜん 愈々いよいよ 愁然しゅうぜん あたか ゆる 桜花さくら せわ 属吏ぞくり つく 寸毫すんごう 如何いか