“愈々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いよいよ78.9%
いよ/\20.7%
イヨイヨ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
愈々また東上してたしか明治座での再度の旗揚であった、そこで我輩もまあ一度だけは東京であのまま演らせて見るほかはあるまい
生前身後の事 (新字新仮名) / 中里介山(著)
勝平の態度には、愈々乱酔のが見えてゐた。彼の眸は、怪しい輝きを帯び、狂人か何かのやうに瑠璃子をジロ/\と見詰めてゐた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
南家の姫の美しい膚は、益々透きとほり、んだ目は、愈々大きく黒々と見えた。さうして、時々声に出してする経のが、物のへやうもなく、さやかに人の耳に響く。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)