生前身後の事せいぜんしんごのこと
小生も本年数え年五十になった、少年時代には四十五十といえばもうとてもおじいさんのように思われたが、自分が経来って見るとその時分の子供心と大した変らない、ちっとも年をとった気にはなれない、故人の詩などを見ると四十五十になってそろそろ悲観しかけ …
作品に特徴的な語句
あい かお だん ざま あし あせ こが おお あらかじ 他事よそごと とも 名残なご かつ おさ 屹度きつと ひさし えき そもそ けむ 目醒めざま まとま てつ 面触かおぶれ 馴染なじ 一〆ひとしめ 一纏ひとまと 下野しもつけ 不拘かかわらず しま かね また おな くだん 伊庭いば 伯耆ほうき おもかげ もう 元寇げんこう およ 勿来なこそ 却々なかなか 口説くど 只管ひたすら 可成かなり 可然しかるべく 各々おのおの 吾々われわれ のろ 和綴わとじ 喝采かっさい もと 基督キリスト 壬生みぶ おびただ 大湊おおみなと はら 宜敷よろしく むし もっぱ もっと 屡々しばしば やま おの ついで いたず たちま うら ことごと 悖反はいはん 愈々いよいよ 慇懃いんぎん 態々わざわざ たし あこが 所以ゆえん 手古てこ かつ らっ こしら 提灯ちょうちん あえ 数多あまた たお 斡旋あっせん