“可然”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しかるべく61.5%
しかるべき30.8%
しかるべ7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其許卒業の上は分家致すこと兼々両親の宿念に候間、早速取計らい申上度、ついてはその中一度御帰郷可然、実は両親も心待ち致居る様子に御座候。
負けない男 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
可然様子可仕と存候へは、世をまけ不申候へは、成不申とて、僧は山林樹下の者にて候に、官家之人も重宝からぬ口さし出申候から、恥をあく程かき申と存入候。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「待ち給へと言ふに! 先から風早が口をくして頼んでゐるのぢやないか、銭貰に立つたのぢやない、人に対するには礼と云ふものがある、可然挨拶を為たまへ」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)