“いよ/\”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
愈々48.7%
26.1%
彌々7.8%
愈〻6.1%
弥々6.1%
彌〻1.7%
1.7%
0.9%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さあ、愈々出世の手蔓が出来かかつたぞ。明日は一つあの殿様のお顔を、舶来石鹸のやうにつるつるに剃り上げて呉れるんだな。」
况んや前山の雲のたゝずまひの無心のにおのづからの秋の姿をへて、飄々高く揚らんとするの趣ある、我は心を奪はれぬ。
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
ともならば彌々病人伯父心配をかけ、痩世帶に一日の厄介なり、其内にはと手紙ばかりをりて、此處ならずもりける。
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
其處翌日愈〻怠惰屋弟子入と、親父息子衣裝らへ奇麗てやつて、ラクダルの莊園へとかけてつた。
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
美奈子は素気なく答へて歩き出しさうになつたので、久保はもう恥のために弥々堪らなくなつて
階段 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
……えぬな、かぬな、ぬな。はて、おどのはくなられたさうな。こりゃ彌〻らねばならぬ。
「私、決心しました。」女の方から話しかけた。
計画 (旧字旧仮名) / 平出修(著)
然者兼而御話御坐候老人会、重陽明日御催に付、拙子も罷出候様先日令弟御入之所、不在に付不得拝答。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
新禧御安祥御迎可被成遙賀仕候。晋帥病懶依然御放念可被下候。去年下宮大夫臥病の節は御上屋敷迄も御出之由、忙程之事出来候へば大慶也。追々脚力も復し可申やと奉存候。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
川に沿ふて上ることしばらく、両岸の山あひり、渓せまく、煙しづかにして、瀬のおとたかし、南山の里に入れば緑なるの上に皇后の祠を拝するの厳かなるを覚ゆ。
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)