“奇麗”の読み方と例文
読み方割合
きれい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その前にはスエ子の誕生祝に三越へ行って硝子製の奇麗な丸いボンボンいれを買ってやりました。やすいもの、だがいい趣味のもの。
奇麗なすきとおった風がやってりました。まずこうのポプラをひるがえし、青の燕麦をたてそれからにのぼって来ました。
おきなぐさ (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
と云いながらへ寄って、源三の衣領げて奇麗な指で触ってみると、源三はくすぐったいと云ったように頸をめてりながら
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)