“いと”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イト
語句割合
48.7%
10.8%
10.0%
8.8%
3.2%
2.7%
1.7%
0.9%
可憐0.9%
意図0.9%
0.9%
可愛0.8%
0.7%
0.6%
0.6%
0.5%
0.5%
最愛0.5%
0.4%
0.4%
生糸0.3%
伊都0.2%
怡土0.2%
0.2%
三味0.2%
可厭0.2%
0.2%
0.2%
意圖0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
倫糸0.1%
0.1%
三絃0.1%
令嬢0.1%
伊斗0.1%
0.1%
可怜0.1%
可惜0.1%
垂綸0.1%
射取0.1%
小女0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
絹糸0.1%
綿糸0.1%
0.1%
縷糸0.1%
0.1%
釣糸0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
意気の為めには死をもはざりし也。魏徴が所謂「人生感意気、功名誰復論」なるものは是れ彼等の血を以て保護せし信条なりし也。
信仰個条なかるべからず (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
らしていた居間の道具類、始終いていた琵琶和琴などの、今はの張られていないものなども御覧になるのが苦しかった。
源氏物語:36 柏木 (新字新仮名) / 紫式部(著)
「だから、はないツちやない。」と蘿月は軽く膝頭をたゝいた。お長吉とおのことがとなしに心配でならない。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
ぐ涙に哀れをめても、飽くまで世を背に見たる我子の決心、左衞門は夢とも上氣とも思はれず、しと思ふほど彌増さ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
手長蜘蛛天蓋蝗蟲姫蜘蛛頸輪のやうな光線蟋蟀革紐薄膜
尋ね出して道十郎殿の惡名をがせん者をと夫より心を定め赤坂傳馬町へと引取られ同町にてながらも孫店借受爰に雨露
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
○鯉釣場にして、いはゆる浅草川の紫鯉を産するところなれば、漁獲の数甚だ多からざるにかゝはらず釣客のを垂るゝもの甚だ少からず。
水の東京 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
そいからまたしてもなり出して、今度は前よりもっと苦しそうにのた打ち廻って、何や血のみたいなもんが出たらしいいうたりするのんですが
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
気丈なので人に涙を見せないのであろうと、尼はなおさら可憐しがったが、政子は自分をってはいないのである。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
だれひとり、その勇壮活発歌詞をうたって男先生の意図おうとするものはなく、イイイイ ムイミーと歌うのだった。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
何の鳥とも知らず黒い小鳥がいて、二三羽頭の上を廻っていた。の垣根の竹に蛞蝓が銀色のを引いて止まっている。
(新字新仮名) / 小川未明(著)
「いいえ。色恋ではないわいな。わたしゃシンカラ与一ちゃんが可愛しゅうて可愛しゅうて……」
名君忠之 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「ウム。……だが伊織。それならお前はなぜ、白骨を持ったその手を、さも汚いように、先刻からっているのか」
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
中阿や南阿の土人が、象と花驢多かった時、これを馴らし使う試験をねず、空しくこれを狩り殺したは、その社会の発達をく妨げた事とう。
恐ろしい大きな高い巌が前途に横たはつてゐて、あのさきへ行くのか知らんと疑はれるやうな覚束ない路を辿つて行くと、辛うじて其の岩岨のやうな道が付いて居て
観画談 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
も、紙鳶に相応しい太いだし、それがかれてあるも、子供では両手で抱へてゐなければならぬ程、大きな立派なものである。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
て学校の窓で想像した種々の高尚な事を左様いつ迄も考へて、俗悪な趣味をひ避けるやうでは、一日たりとも地方の学校の校長は勤まらない。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
最愛しい、沢山れ遊ばした。罪ももない方が、こんなに艱難辛苦して、命に懸けても唄が聞きたいとおっしゃるのも、さんの恋しさゆえ。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
二十五のはんやったらしっかりしたはって、願ったりかなったりだと、わざわざ定枝の歳をありがたいものにするいい方を、仲人はして、つまりはおたかの気性をのみこんでいた。
わが町 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
彼は彼自身の眼を疑うように、一刹那は茫然とんでいた。が、たちまち大刀を捨てて、両手に頭を抑えたと思うと、息苦しそうなき声を発して、を離れた矢よりも早く、洞穴の外へ走り出した。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
黒眼鏡をかけて、糸織の袷羽織に、角帯をしめて、茶の中折帽、東京から来て今生糸相場へ思惑をしてみたが、ちょっと、追敷が足らなくなったからと、軽く言っているのだがね……
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
伊都郡の野村という所などは、弘法大師が杖で突いてからき出したと伝わって、幅五尺ほどの泉が二十五間もある岸の上から落ちて、広い区域の田地を潤しています。
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
唐津、名護屋怡土城、太宰府、水城宇美筥崎多々羅宗像、葦屋、志賀島残島、玄海島、日本海海戦の沖の島なんて見ろ、屈辱外交の旧跡なんて薬にしたくもないから豪気だろう。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
め村中も倶々めて止ざりけりも寶澤は願ひの如き身となり用意もそこ/\になみければ村中より餞別として百文二百文分にじてられしにりて山のへ集りし金は都合八兩貳とぞ成にける其外には濱村ざしの風呂敷或は柳庫裏笈笠襦袢など思々の餞別に支度は十分なれば寶澤は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
三味がほしいような、何ともうれしいけしきである。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
これほど親しいお牧では有りましたが、しかし彼女のの切れた指の皮の裂けたやうな手を食事の時に見るほど、可厭はしいものも有りませんでした。
などと、彼は自分を歌って、自分をしがった。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今はい葛飾で出来た早稲の新米を神様に供えてお祭をしている大切な、身をくしていなければならない時であっても、あのしいお方のことですから、しく家の外に立たせては置きませぬ
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
うちたての蕎麥つて、つてるだらう。まだ勝手だが、量見で、紅葉先生人格品評し、意圖忖度してらないのは僭越である。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
けなけれどなまめかしく、而も無心
畑の祭 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
昨夜のことに胸なやませていたじゃに、さてもここぞまだ児女じゃ。今はかほどまでに熟睡して、さばれ、いざ呼び起そう」
武蔵野 (新字新仮名) / 山田美妙(著)
う武芸にけておじゃるから思いやるも女々しけれど……心にかかるは先ほどの人々の浮評よ。狭い胸には持ちかねて母上に言い出づれば、あれほどに心強うおじゃるよ。
武蔵野 (新字新仮名) / 山田美妙(著)
抱起して「これ、俯向轉倒ばしゃったな? 一段怜悧者にならッしゃると、仰向轉倒ばっしゃらう、なァ、?」とふとな
仰向轉倒ばっしゃらう、なァ、」とふと、阿呆どのが啼止って、「」ぢゃといの。(笑ふ)
一八六四年版、ピエロッチの『パレスタイン風俗口碑記』に、アラブ人が馬を愛重する有様などを面白く書いた。とても拙毫の企て及ぶところでないが、その概略を左に訳出しよう。
あり触れた和漢の故事を述べてまたその話かと言わるるをれ、唐訳の律蔵よりも目出たい智馬の譚を約説して祝辞に代え、それから意馬るに任せ、い付き次第に雑言するとしよう。
天保二年、抽斎が二十七歳の時、八月六日に長女が生れ、十月二日に妻威能が歿した。年は二十六で、いでから僅に三年目である。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
五百の来り嫁した時、抽斎の家族は主人夫婦、長男恒善、長女、次男優善の五人であったが、間もなく純はでて馬場氏のとなった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
足許へざざと波がくる。そこを流してゐると、一尋の倫糸へ一尺もある奴がぐつと来るのだからたまらない。竿が満月だ。巧みにあやして引ぬく、魚は黒銀の生きた扇だ。
夏と魚 (新字旧仮名) / 佐藤惣之助(著)
皆ハネ竿で、倫糸も長く、先づ半職釣といつた人が多い。
夏と魚 (新字旧仮名) / 佐藤惣之助(著)
この仇無しらしき、美き娘のき手を携へて、人無き野道の長閑なるをひつつ行かば、如何ばかり楽からんよと、彼ははや心もになりて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
かの男女しさにへざらんやうに居寄りて、手に手をへつつ密々に語れり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
この容色三絃もちょっと響く腕で——ころ同然な掃溜へ落ちていると分りますと、一夜妻のこの美しいのが……と思う嬉しさに、……今の身で、恥も外聞もございません。
菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「へへ、わ、わたくしはお松云いまして令嬢はんのお世話をして居りますものでございます」
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
かれその御子の生れましし地に名づけて、宇美といふ。またその御裳にかしし石は、筑紫の國の伊斗の村にあり。
「おつつみなされても、この頃のおれよう、尼も胸がうなりまする」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
意外にも敵のよりく、己より美く、己より可憐く、己よりきを見たるさ、憎さは、唯この者有りて可怜しさ故に、も誠も彼は打忘るるよとあはれ、一念の力をとも成して
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
けれども頑固な父は女給であると云う事だけで私達の結婚をどうしても許さなかった。父にして見れば早く妻に別れて、男手一つで育て上げた一人息子は掌中の珠より可惜しかった。
愛の為めに (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
下に小さな舟をいで、一人の男がしきりに垂綸を見詰めている。一行の舟が、ゆるく波足を引いて、その前を通った時、この男はふと顔をあげて、久一さんと眼を見合せた。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
で、今度、隅田川両岸人払、いや人よせをして、の陣羽織、菊綴、葵紋服扮装で、拝見ものの博士を伴ひ、弓矢を日置流ばさんで静々練出した。飛びも、立ちもすれば射取られう。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
行儀作法生粹ぢゃありやせん、でも仔羊のやうに、温和しいぢゃ。さァ/\/\、小女よ、信心さっしゃれ。……え、もうみましたかえ、お食事は?
まだけなき少年の頃よりして、この故しらぬ靈魂の郷愁になやまされた。夜床はしろじろとした涙にぬれ、明くればの聲に感傷のはらわたをかきむしられた。
青猫 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
氷の如き宮が手を取り、と握りて、永く眠れるかんと為れば、涙急にして文色も分かず、推重りて、しやと身をえつつ少時泣いたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
私が始終斯ういう感じにばかりっていて、実感で心を引締めなかったから、人間がだらけて、ふやけて、やくざがどやくざになったのは
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
となりしれさはもなかりけり茲に腰元お島と言は其以前より藤五郎がをかけし女なれば此程の體裁ほしく思ひ人目を忍びて朝夕の食事其外何くれとなく心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
少女のように浮き立って——顔を見れば涙がこぼれそうな、こんなに男を待っていたのか、と、われと我が身がおしくなる切ないような気持であった。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
「悪徒の友なるしきは狼の歩みかに共犯人の如く進み来りぬ。いと広き寝屋の如くに、空さるれば心焦立つ人は野獣の如くにぞなる……」
夜あるき (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
村中にても薄々知て居る者あれば幸ひと引取り親子共に夫婦となりける又おせんも我身りもたち傳吉へ金もりし上は人々にまを告げ野尻へ立ち歸りぬ
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
したれど定業れ難く母は空敷なりにけり兵助の愁傷大方ならず甲斐無事なれば泣々も野邊の送りより七々四十九日のなみもいとろにひける。
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
私が書物ばかり買うのを見て、奥さんは少し着物をえろといいました。私は実際田舎で織った木綿ものしかもっていなかったのです。そのの学生はった着物を肌に着けませんでした。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
貞之進は自分の放埒を父が聞及んでのこと、ヒシと胸板を貫かれ、おず/\部屋へ迎え入れたが、庄右衛門は手織の絹糸の這入ったゞけを西条の豪家として、頬から下へ福々しい顔に変りはなく
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
細き橋を渡り、ぢて篠田は伯母の軒端近く進めり、綿糸ぐ車の音かに聞こゆ、彼女は此の寒き深夜、老いの身のほ働きつゝあるなり
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
とこっちも莫連のお吉、くように鼻でいい、蜘蛛に煤が紐のようにたかり、無数に垂れている天井へ、濃化粧の白い顔を向けた。
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
いわゆる囘憶というものは人を喜ばせるものだが、時にまた、人をして寂寞たらしむるを免れないもので、精神縷糸に逝ける淋しき時世になお引かれているのはどういうわけか。
「吶喊」原序 (新字新仮名) / 魯迅(著)
御母さんの弁舌は滾々としてみごとである。小野さんは一字の間投詞をまなく、口車に乗ってけて行く。行く先はより判然せぬ。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
町人のゆらしている煙は西国煙草らしい。それも阿波煙草や薩摩煙草ではなく中国だ——。そんな事を考えたりして、釣糸に心はいていないのだ。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)