“啼止”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なきだま33.3%
なきや33.3%
なきやま33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仰向轉倒ばっしゃらう、なァ、」とふと、阿呆どのが啼止って、「」ぢゃといの。(笑ふ)
姿が見えなくなっても啼止まない。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
ま、いかなこと、がいの、ふいと啼止っしゃって、「」ぢゃといの。