“啼声”のいろいろな読み方と例文
旧字:啼聲
読み方割合
なきごえ81.1%
なきごゑ13.5%
なくこえ2.7%
なくこゑ2.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
らく、道の上に立って、遠くに響く波音を聞き取ろうとした……何の音も聞えて来ない。人も来なければ、犬の啼声もしないのである。
薔薇と巫女 (新字新仮名) / 小川未明(著)
此頃空癖で空は低く鼠色り、あたりの樹木からは虫噛んだ青いまゝの木葉が絶え間なく落ちる。啼声羽音かに力強くえる。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
猫ので、犬の胴、狐の尻尾で、さはの如く、啼声に似たりとしてある。可考
一寸怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
雪吹其日の次日晴天なりければ近村の者四五人此所をりかゝりしに、かの死骸雪吹られて見えざれども赤子啼声を雪の中にきゝければ