“羽音”の読み方と例文
読み方割合
はおと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこへ、ったに、羽音をさせて、一のからすがんできたかとうと、ちょうど、すずめのまっているにきてりました。
温泉へ出かけたすずめ (新字新仮名) / 小川未明(著)
羽音でもあるやうにつては、その竹竿にした口端らせてプウ/\眞似をしてせたでした。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
庭の橄欖月桂は、ひっそりと夕闇に聳えていた。ただその沈黙がされるのは、寺のが軒へ帰るらしい、中空羽音よりほかはなかった。
神神の微笑 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)