神神の微笑かみがみのびしょう
ある春の夕、Padre Organtino はたった一人、長いアビト(法衣)の裾を引きながら、南蛮寺の庭を歩いていた。 庭には松や檜の間に、薔薇だの、橄欖だの、月桂だの、西洋の植物が植えてあった。殊に咲き始めた薔薇の花は、木々を幽かにする夕 …
作品に特徴的な語句
女子おみなご 何人なんにん さが 御恵おんめぐみ 微笑びしょう 御教おんおしえ 山川やまかわ しゅう 道風どうふう 一日いちにち 黒人こくじん 一寸いっすん 御前おまえ うしろ がわ ごと やわら 沙室シャム 法衣ほうえ うか ひそ 木立こだ 白々しろじろ あか わたくし 文字もじ 科戸しなと ひる のち 羅馬ロオマ まち 容易ようい 荘厳しょうごん 天界てんがい あま くつがえ さから のろい 黄面こうめん いにしえ ひら あいだ におい くだ こも かた かたわら かわ たけ ぶつ 人魚にんぎょ 黒船くろふね 海辺うみべ ただよ みなぎ 黄河こうが 潮風しおかぜ 澎湃ほうはい 瀬音せおと 火影ほかげ ほのお 黄昏たそがれ 煩悶はんもん うと 鶏鳴けいめい 鶏冠とさか はと 真後まうしろ 眩暈めまい 碧眼へきがん あざや 魅力みりょく わたし とき しん けが 空海くうかい うかが 筆先ふでさき かがり 篝火かがりび 篠懸すずかけ くび 糸桜いとざくら 西国さいこく いのこ 言句ごんく 親鸞しんらん 行成こうぜい 降魔ごうま 赤光しゃっこう