“行成”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こうぜい62.5%
いきなり12.5%
ぎょうせい12.5%
ゆきなり12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“行成”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「すけまさ」と云うのは二男の佐理のことであるが、これはあの行成こうぜい道風とうふうと並び称せられた能書家の佐理とは違う。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
空海くうかい道風どうふう佐理さり行成こうぜい——私は彼等のいる所に、いつも人知れず行っていました。
神神の微笑 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
雜然たる叫聲の中、殺氣は既に滿ち渡つて、氣早の若者は行成いきなり横合から飛び出して、思ひ切り芳の天窓あたまを擲つた、續いて何處よりともなく、拳の雨は彼の頭上に降り注いだのである。
二十三夜 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
と、すぐ思ったが、日課を思いだした。観世音にも、この行成ぎょうせいを告げて、お礼をいってこよう。そして、精進を終えたなごやかな気もちをもって、落款を入れよう。
田崎草雲とその子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
和綴わとじの十二三枚の紙のもので表紙には、僧に似ない行成ゆきなり流の、しなやかな筆で「寺宝及承伝書籍目録」高沢寺と書かれてあった。
(新字新仮名) / 楠田匡介(著)