田崎草雲とその子たざきそううんとそのこ
山谷堀の船宿、角中の亭主は、狂歌や戯作などやって、ちっとばかり筆が立つ。号を十字舎三九といっていたが、後に、十返舎一九と改めて、例の膝栗毛を世間に出した。 それが馬鹿な売れ行きをみせて、馬琴物も種彦物も影をひそめてしまったので、一九は、すっ …
作品に特徴的な語句
しょう あら あから ざわ ささ きゅう ぺき 空々からから せき とっ うじむし とも ちょう 自宅たく 嬰児みどりご ばら たかし ざい ぷく 脊髄せすじ 耳朶みみたぼ もと 兵糧ひょうりょう こら うん はなれ 唐瓜とうが ちな 血統すじ 行成ぎょうせい めっ いたわ だな うしろ 白襖しろふすま なみ かた ちゅう 何処いずこ みが あたい じっ おそ 押籠おしこめ 秋日しゅうじつ 千住こつ 雪隠せついん 雪輪ゆきのわ そむ 扶持ぶち 長刀ながもの 唐紙とうし こん 版木いた 梁田はりた さかん つか ほとば 妊娠みごも 袈裟げさ 実入みいり きれ ただ 彼奴きゃつ 忠文ただふみ くじ 草雲そううん 茄子なす 苛酷かこく 花車だし 色子いろこ 良幹よしみき 舶載はくさい 臨摹りんぼ ひざ 腮髯あごひげ 示威じい やつ くぼ 穿 空骸なきがら まれ わざわい 瞳黒どうこく さか 眼薬めぐすり