“蛆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うじ95.3%
うぢ1.9%
じよ0.9%
うじむし0.9%
ウジ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それはだ食べられたが、困ったのは酒を強いられた事で、その酒たるや、正月に造ったという濁酒で、がわいているのであった。
壁の眼の怪 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
傍なる一人の男、その紙何の用にか立つべきとつぶやきしに、媼目を見張りて、のもの言はんとするにや、大いなる足の蹂躙らんを避けよといふ。
唐土の書)此からず、越後の雪中にも雪蛆あり、此虫早春の頃より雪中にじ雪消終ば虫も消終る、始終死生を雪とうす。字書に、腐中とあれば所謂蛆蠅也。
みたいにふえるし、町人は、唯物生活に行き詰って、刹那主義に傾くし、役人の頭はぼけていて、為すことを知らない間に、足もとをつけ込んで、押込み、り、辻盗り、殺人、社会悪は
田崎草雲とその子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
左の御美豆良に刺させる、湯津津間櫛男柱一つ取り闕ぎて、一つ火して、入り見ます時に、たかれとろろぎて、八雷神成り居りき。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)