“富士詣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふじまいり50.0%
ふじまう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夏蚕う家はないが、秋蚕を飼う家は沢山ある。秋蚕を飼えば、八月はまだしい月だ。然し秋蚕のまだ忙しくならぬって、富士詣、大山詣、江の島鎌倉の見物をして来る者も少くない。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
富士詣での下向駕籠坂にて始めて出會んと云を不便に思ひ連戻り我が宿に差置六七年し中其恩義をれ我が女房と密通なし此條七を追出し田地家屋敷家財迄取んと謀計白鳥
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)