“蛍合戦”の読み方と例文
読み方割合
ほたるがっせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
斬られた者のうめき声が、泥濘にまみれてそこここに断続する。濡れた刀が飛び違い、きらめき交わして、宛然それは時ならぬ蛍合戦の観があった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)