“苗売”のいろいろな読み方と例文
旧字:苗賣
読み方(ふりがな)割合
なえう50.0%
なえうり50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“苗売”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
やがて青葉若葉の初夏——それも今は、町の各所に打水がにおって、もう苗売なえうりではない、金魚売り、すだれ売りだ。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
桜は散ったが苗売なえうりの声は響かず、この上もなく江戸はのんびりしておりました。