“夏羽織”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なつばおり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あ、一寸待つた八。それからもう一つ、あの日道灌山だうくわんやまへ、大徳屋徳兵衞は夏羽織なつばおりを着て來なかつたか、それを訊いて來てくれ」
久米君は手早く夏羽織なつばおりすそたもとをからげるや否や身軽く鉄条綱の間をくぐってむこうへ出てしまった。
その中にて小波先生は双子縞ふたこじま単衣ひとえに怪し気なる夏羽織なつばおり白足袋しろたび雪駄せったにて黒眼鏡をかけしてい、貸座敷の書記さんに見まがひたる。
桑中喜語 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
(そばにいてきぬことわりや夏羽織なつばおり)と古俳句こはいくにもある。
深川浅景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)