“道灌山”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どうかんやま89.5%
だうくわんやま10.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あ、ちょっと待った八。それからもう一つ、あの日道灌山へ、大徳屋徳兵衛は夏羽織を着て来なかったか、それを訊いて来てくれ」
お宅は下根岸もズッと末の方でく閑静な処、屋敷の周囲い生垣になって居まして、其の外は田甫、其の道灌山が見える。
「あ、一寸待つた八。それからもう一つ、あの日道灌山へ、大徳屋徳兵衞は夏羽織を着て來なかつたか、それを訊いて來てくれ」
「不動樣で思ひ出したが、今日は道灌山に東海坊が火伏せのをする日ですよ。大變な評判だ、行つて見ませんか」