“道灌”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どうかん83.3%
だうくわん16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの早稲田の学生であって、子規や僕らの俳友の藤野古白は姿見橋——太田道灌山吹の里の近所の——あたりの素人屋にいた。
僕の昔 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
人馬の足を立てにくい蘆原の中へ、細長く突き出した丘の端に、太田道灌は要害を構えたのである。下館などとも、もとの形に差別はない。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
王朝時代にに下つた、業平朝臣だとも言ひ、染井村に土着して、代々豪士として勢威を振ひ、太田道灌が江戸にいた頃は、それに仕官して軍功を樹てましたが、徳川家康入府の際には
「小話の太田道灌ぢやないが、あの路地は歌道が暗い」