“山吹”の読み方と例文
読み方割合
やまぶき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が十たり、それに、した肥料がよくきいたとみえて、山吹は、のはじめに、黄金色を三つばかりつけました。
親木と若木 (新字新仮名) / 小川未明(著)
あの早稲田の学生であって、子規や僕らの俳友の藤野古白は姿見橋——太田道灌山吹の里の近所の——あたりの素人屋にいた。
僕の昔 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
頃いつも八重さくらがりで、兄はその爛熳たる花に山吹二枝ほどぜてにさして供へた。伯母日は屹度土産に持つて来た。
父の墓 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)