“鹿尾菜”の読み方と例文
読み方割合
ひじき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「字のことになると、自慢がないから、八も可愛らしいよ、——それにしても、こいつは鹿尾菜をバラいたやうぢやないか、お前讀んで見な」
朋輩女郎の話で無ければ『二鹿尾菜』といつたやうな所謂苦界の勤めの悲しい囘想談である。
俳諧師 (旧字旧仮名) / 高浜虚子(著)
それでも切昆布鹿尾菜油揚豆腐との百姓つたものばかりで料理された。にはかくんでんだ大根人參とのがちよつぽりとせられた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)