“人參”の読み方と例文
新字:人参
読み方割合
にんじん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
以前少年手傳つて、これからいて、人參卓子一杯積上げる。異香室内滿つ——で、さが思遣られる。
人参 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
茶呑茶碗つ/\にかれて、何處からかへられた牛蒡人參野菜煮〆重箱かれた。其處にはもなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
お孃さんもめなさるが宜い。若いうちは、相手がどんな惡人でも、諦めきれねえ樣子だが、人參牛蒡のやうに人を斬る奴だけは、人間扱ひにしちやならねえ。どんな念佛を