“一杯”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いっぱい33.6%
いつぱい22.4%
ひとつ20.8%
いっぺえ8.8%
いっぺい5.6%
ひとつき2.4%
いつぺえ2.4%
いち0.8%
いつぺエ0.8%
ひとくち0.8%
わんかぷ0.8%
イツパイ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それと同時に、林の中はかにばさばさ羽の音がしたり、のカチカチ鳴る音、低くごろごろつぶやく音などで、一杯になりました。
二十六夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
一杯……無事直江津上陸したが、時間によつて汽車長野まつた。扇屋だつたか、藤屋だつたか、土地かつた。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「どうだね、一杯」と、西宮は猪口をさした。吉里は受けてついでもらッて口へ附けようとした時、あいにく涙は猪口へ波紋をつくッた。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
庄「まア/\宜い、若衆さん、買う買わねえは兎も角も一杯此処で飲みねえ、おも何だろう、腹からの車挽じゃアあるまいは何処だい」
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
亥「冗談じゃアねえ知らしてくれゝば鰹節の一本かぺい酒の一杯でも持って、旦那お芽出度うござえやすと云って来たものを」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
そは好趣味ありと謂ふべし。さらば、即興詩人の君、アヌンチヤタの健康を祝して一杯を傾けてん。(我は苦痛を忍びてせたり。)
今度こさあ、捕縛つちや一杯らあんだんべ」畑同士痛快じつゝ口々ういふことをいつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
おなまめだんぶつ、座敷牢だ、と火鉢の前にまって、下げ煙管の投首が、ある時悪心増長して、鉄瓶を引外ずし、沸立った湯をへあけて、溝の湯気の消えぬ間に、笊蕎麦一杯めた。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「近づきのに、どこかで一杯やろうじゃねエか」
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
荒神りの文句じゃねえかともえてみましたがそうでもないらしんで……ズットになって聞いてみましたら「日本専売局台湾烏龍茶一杯十銭イラハイイラハイ」てんですから禁厭にも薬にもなれあしません。
人間腸詰 (新字新仮名) / 夢野久作(著)