“勢一杯”の読み方と例文
読み方割合
せいいっぱい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「乃公達だって以前は——てめえよりゃよッぽど豪勢なもんだぞ。人をなんだと思っていやがるんだえ」というくらいが勢一杯だ。
阿Q正伝 (新字新仮名) / 魯迅(著)
親不孝者と見る人々の目を背中に感じながら、白い布を取って今更の死水を唇につけるなど、蝶子は勢一杯に振舞った。
夫婦善哉 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
「はァはァ」北外は小さい口を勢一杯に開けて、わざとらしくいた。「いやそれは大発見ですな」
爬虫館事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)