爬虫館事件はちゅうかんじけん
前夜の調べ物の疲れで、もう少し寝ていたいところを起された私立探偵局の帆村荘六だった。 「お越し下すったのは、どんな方かね」 「ご婦人です」助手の須永が朗らかさを強いて隠すような調子で答えた。「しかも年齢の頃は二十歳ぐらいの方です」 (なにが …
作品に特徴的な語句
こわ おろ 墓所ぼしょ ぞう おそろ おびやか 蒼白まっさお 企図たくら 生死せいし 光輝ひかり 一刻いっこく あやし 習性しゅうせい 背後あと さいわ かご 拾得しゅうとく はさま はず しん ことわ 午餐ひる あさ おとしい きわ とど あが もぐ でん あび さき 小銃しょうじゅう おさ 山中さんちゅう 浴槽よくそう ぬぐ 裸体らたい おと せい 巨漢きょかん うけたまわ 大鞄おおかばん 空虚から 振返ふりかえ 帰宅かえり から 見識みし ひそ 沙河さか 幻影げんえい のぼ ゆか つかま にぎや そその かか へだた おのずか 斬殺ざんさつ つれ のち ふう あや 標題ひょうだい よう 光沢こうたく あわ うさぎ 随意ずいい 一塊いっかい 独身ひとり うわ 何故なにゆえ 一巡いちじゅん にわとり 暗闇やみ いと ふくら うれ 暖室だんしつ 馬肉ばにく 生来せいらい さめ 生死しょうし のば