“振返”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふりかへ48.3%
ふりかえ39.7%
ふりか3.4%
ふりかえっ1.7%
ふりかへつ1.7%
ふりかへり1.7%
ふりけえ1.7%
ふるかへ1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
返事をきくと、おれですつかり安心したものゝくすた/\路地溝板吾妻下駄に踏みならし振返りもせずに行つてしまつた。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
プロムナアド・デッキの手摺りかかって海にいていると、うしろからかれ、振返ると丸坊主になりたての柴山でした。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
足音ろいて振返へると一人老人づいてです。老人
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
どの足が早かったか覚えはない、五、六先へ振返て見ると、その男もドン/\逃げて行く。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
「矢っ張り、電気燈に圧倒されて、段々退却するんでせう」と云ひ終つて、から、えへゝゝと、洒落の結末をつけて、書生部屋へ帰つて行つた。代助もつゞいて玄関迄た。門野は振返た。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
きモシお光さんお光さんと云者のある誰ならんと振返つゝ打見やれば元益方にて祝酒汲交しゐて歸り來る庄兵衞なれば此方は發と怒りの餘に飛附てと
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
振返り/\行く………見ろよ…………あゝ誰かえ馬ア引出しやアがって、馬の蔭で見えなくなった、馬を田の押付けろや…あれまア大え庚申塚が建ったな、れア昔からある石だが
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
やがて青木さんはその冷やかな現実意識れようとするやうに、たな空をゑがきながら、さんを振返つた。
(旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)