“奧”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
おく95.8%
おき1.4%
そこ1.4%
をく1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しるべの燈火かげゆれて、廊下ろしきをれし我家ともはず、侍女下婢最中さま書生部屋へとおはしぬ。
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
かれその天の日矛の持ち渡り來つる物は、といひて、珠二、また比禮る比禮、風振る比禮、風切る比禮、またつ鏡、つ鏡、并はせて八種なり。
最早日本つて不禮ふるからずとまで、戰慄恐懼する大軍器發明するとしたを、かのは、快哉んだのみ、希望として、めてつたが
あのづる故國では今頃めて、都大路繁華なるより、深山伏屋るまで、家々戸々國旗して、御國つてであらう。