“奧床”の読み方と例文
新字:奥床
読み方割合
おくゆか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
景色は、四季かな奧床しい風情である。雪景色い。、もみぢも、も、もとへたい。
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「いやに奧齒に物のまつたやうなことを言ふ野郎だな、耳にしたことがあるなら、皆んなブチまけてしまひなよ、何を奧床しく構へてるんだ」
銭形平次捕物控:311 鬼女 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
浮世といふのなくば、きもきもらで、じたるひ、九楊貴妃小町くして、美色だれ奧床しうてぎぬべし
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)